FXで好成績を残したければ、逆指値注文を活用せよ!

逆指値注文の前に一般的な「指値注文」について簡単に説明しておきます。

これは文字通り投資家が値段を指定して注文を出す事です。例えば「1ドル=102円20銭で買う」または「105円10銭になったら売る」といった感じです。

トレード画面を見れない時でも、この指値注文を利用すれば自分自身の希望価格で売買ができるので便利です。

現在の価格よりも有利な条件(安く買う、高く売る)で指定するのが指値注文と言えます。

不利な条件で指定するのが「逆指値注文」

通常の指値注文は有利な条件でしたが、逆指値注文は不利な条件(高く買う、安く売る)で指定する方法です。

悪い条件で指定するなんて不思議な感じですが、FXで好成績を残している人の多くは逆指値注文ををフル活用しています。

その利用方法について説明していきます。

逆指値の利用1 大損を避ける為のストップロス

FXで成功している人に秘訣を聞くと「大負けをしないこと!」という返答が返ってくる事が多いです。

投資では100%の勝利は不可能ですから「損小利大」こそ成功の鉄則です。しかし、損切りは精神的になかなか出来ない人が多いのが実情。

そこで、利用したいのが「逆指値注文」です。

「1ドル100円で買ったけど、下落する可能性があるから、99円まで下がったら売ります」という方法。

予想とは違う値動きになった時に、損失を最小限に抑えられるので「ストップ注文」と呼ぶ場合もあります。

為替は24時間動いているので、仕事中や就寝中などは「逆指値注文」を入れておくと安心です。

逆指値の利用2 高くなったら買う!これが利を伸ばす

「今よりも高くなったら買う」というのは、現在100円で売ってる大根に対して105円になってから買うと言っているのと同じですから、普通の感覚でいくハチャメチャです。

しかし、FXの世界ではこれが重要なんです。

為替は上下を繰り返していて、今後の方向感が分かりずらい時が度々あります。しかし、一旦上昇や下降のトレンドがでると、しばらく継続する傾向があります。

ただし、一方向へのトレンドは突然発生するので時期については予想が立てずらい点があります。

そこで、あらかじめ逆指値(上の位置で買い)を入れて準備しておくのが有効なのです。

この方法が使えるようになると利益がグッと伸びていくので、積極的に活用していくと良いでしょう。

最初は逆指値の位置が分からないかもしれませんが、チャートの分析方法が分かってくると○○円を超えたら上昇トレンド入るといった予想がたてられるようになります。

ランキングに参加中!(*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ



FXプライムbyGMO
口座開設者の2人に1人が初心者で、新米投資家からの評価は絶大!? 特にワンクリックで相場展開を分析できるぱっとテクニカル』は神機能ともいえる優れものです。
無料のオンラインセミナーが毎週実施されるので、FX経験が0からでも安心して取引ができます。
FX初心者にイチオシ詳しい説明
FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

DMM FX
全通貨のスプレッドがいずれも最狭水準!しかも取引に応じて『ポイント』が貰えます。(1ポイント=1円で現金化)
24時間サポートだから初めてでも安心。問い合わせは、電話・メールは勿論ですがLINEもOK。満足度の高さはFX口座数 国内第1位が証明※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ
誰が使っても満足度が高い!詳しい説明
DMM FX

GMOクリック証券
スプレッド、スワップ、取引ツールなど全てにおいて完成度が高いFX会社。スマホアプリが使いやすいので、外出先でも安心です。
6年連続で世界第一の取引高が利用者の満足度を証明しています。※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2017年12月)
FXといえばココが鉄板!詳しい説明
GMOクリック証券
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク