JFXの評価は?現場の情報が得られる会社!スキャルだってOKです

元為替ディーラーの小林芳彦氏が代表を務めるFX業者ということもあり、情報面に関しては非常に定評があります。

しかし、あまりにも代表のキャラクターが前面に出ている為に、真の実力が世間に認知されていない印象があります。

JFX [マトリックストレーダー]は、低コストで約定力も強い!さらに初心者には嬉しい1000通貨から対応など取引する上での基礎的要素がトップランクの会社です。

FX取引に対して優位性が高い機能が満載という点に加えて、抜群の情報力があるというのが本当の評価だと思います。

JFXの知られざる魅力について解説していきます。

JFX はスプレット・情報・約定力など多くがトップ水準


【★公式ページ:JFX株式会社

最初に「JFX マトリックストレーダー」の概要を紹介します。
以下の表にまとめましたが重要点は後で詳しく説明しますので、サラッと目を通すだけで大丈夫です。

手数料 無料
取引時間 夏時間:月曜AM7:00~土曜AM5:00
冬時間:月曜AM7:00~土曜AM6:00
レバレッジ 最大25倍
初回入金額 10,000円
取引単位 1,000通貨単位
ロスカット 証拠金維持率が100%を下回った時
通貨ペア 24ペア
モバイル iPhone、Android、iPad

スプレッドとスワップ金利

スプレッド(原則固定)
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 ユーロ/ドル
0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.0銭 0.4pips

※スプレッドは金利差の事で実質的な手数料だと考えてください。

スワップ金利(2018年10月16日)
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 南ア・ランド/円
40円 ▲10円 30円 50円 41円 ※150円

※各通貨ペアを1万通貨買った時に1日あたりに受け取れる金額です。
南アフリカランドは10万通貨買った時の金額です。

さて、ここからが本題!「JFX マトリックストレーダー」の注目すべき点をクローズアップしていきます。

最大の注目は、カリスマ的な人気をほこる小林芳彦氏が発信する情報。これが目的で口座開設をしている人も多いと思います。

また、FX会社はスキャルピング取引(数分単位の細かい取引)の投資家を嫌う傾向がありますが、JFXは“大歓迎”を打ち出しています。

代表が元為替ディーラーということもあり、トレーダー寄りの指針が多いのが特徴です。

ここからは、JFXで注目したい点について詳しく紹介していきます。

注目1:小林芳彦のマーケットナビは必読情報

JFXの情報は初心者はもちろんベテラン投資家も必見! 元為替ディーラーの小林芳彦氏(代表)が会員限定でマーケット情報を発信してくれます。

『小林さんって何者?』という人もいるかもしれませんので、過去に受賞した証を記載しておきます。

★小林芳彦氏は超絶に凄い人
「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。

口先だけでなく実践で結果をだしている本物の為替ディーラーですね。
小林氏が発信する情報には以下のようなものがあります。

本日の参入レベル(会員限定)

米ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円・豪ドル/円・ NZ/円・ユーロ/ドル の6通貨に対する売買方針が速報で配信されます。(上記の画像はサンプルです)

予想レンジはもちろん『 売り』と『買い』の方針!参入・利食い・損切りレベルを具体的に数値として明示しています。

これって本当に凄いですよね!しかも、これで終わりじゃないんです。

マーケット速報(会員限定)

本日の参入レベルだけでも嬉しいのですが、さらに凄いのがその後もフォローする情報がある点です。

相場は生き物ですから朝のイメージが継続するとは限りません。事件などが起きれば方針は大幅に変更になる事もあります。

こういった点も、代表の小林氏はフォローは抜かりがありません。

リアルタイムでオーダーをチェンジしたり、ポジションを決済したりするなど何か変化があった場合にマーケット速報に随時書き込みがされます(ツイッターも含む)。

相場観の変更などは、経験が浅い人には大きなサポートになるはずです。

有益情報は、まだまだあります

上記に紹介した以外にも、モーニングショット』イブニングショット』(会員限定)などが好評で、午前と午後に今後の見通しを音声で配信しています。

また、芳彦の部屋』(会員限定・月2回更新)ではFX業界で活躍されている有名な方を招いて対談。チャートを見ながらプロの考え方を解説します。

このように、JFXで口座保有すれば情報面が不足と言うことは、ほぼ有り得ないと思います。

記事の前半で『情報が目的で口座開設をしている人も多いと思います。』と書きましたが、この内容をみれば、容易に想像がつきますね。

JFX株式会社の公式ページを見てみる

注目2:スプレッドが狭く抜群の約定力!スキャルだってOK

JFX マトリックストレーダーは小林代表の情報が最大のメリットだと思われがちですが、FX会社としての実力もトップランクです。

主要通貨ペア(ドル/円をはじめとする人気15ペア)は、いずれも業界最狭水準です!取引回数が多い人にとってはコストが気にならない点が嬉しいですね。

また、最小1,000通貨から取引ができる点もメリット。これならば少額取引の初心者にも向いています。

さらに、サーバーは抜群の約定力を誇っており、矢野経済研究所の調べでは約定能力99.9%、約定スピードも最速0.001秒!

FX会社の中でも屈指の頑強なサーバーといってよいでしょう。

情報力が優れている事に加えて、仕様性能が極めて高いのですから注目度が高いのは当然と言えます。

ワンポイント:スキャルピング(超短期売買)がOK
ベテランから人気が高いスキャルピングですが、ほとんどのFX会社はスキャルピング取引は嫌がられます(口座を凍結されたとう話もチラホラ?)
JFX は公式サイトでもスキャルピングOKを明言している貴重な会社です。

JFX株式会社の公式ページを見てみる

注目3:モバイルトレードが使いやすい

最近はスマートフォンを利用した取引が活発になっています。

以前はPC版の補助的な役割でしたが、現在は全てをスマホだけで行いたいという要望が増えてきました。

結論から言うとJFXのスマホ対応アプリは非常にレベルが高いので、PCと同水準の取引が可能です。

注目1で紹介した売買方針やマーケット速報・モーニング・イブニングショットなども全て確認できますし、テクニカル分析のツールは11種類もあります。

また、チャートを見ながら発注できる「チャート+クイック注文」もできるのでPCと遜色ありません。

外出する事が多い人やスマホ専属で取引をしたい人にとっては非常に魅力的な会社です。

クイック入金サービスは、約380の金融機関に対応

クイック入金は、取引画面から簡単な操作をするだけで、金融機関口座から即時に資金が移動し口座に入金が反映されるサービスです。勿論スマホからもOKb!

土・日・祝祭日も原則24時間いつでも対応しており手数料は無料。

「JFX マトリックストレーダー」では、このサービスに対応してる金融機関が約380もあるので、急な資金対応も慌てる事無く対応できます。

補足:万が一、JFXが破綻するような事があったとしても、三井住友銀行でガッチリと信託保全されているので資産は守られます(安心して取引できる)。

JFX マトリックストレーダーのまとめ・感想

JFXは取引ツールが使いやすく、低スプレッド、さらに情報コンテンツが充実しており総合バランスが非常に良い会社です。

スキャルピング(超短期売買)OKという事から、ベテランやプロ向きのFX会社と思われがちが、これは大きな勘違いです。

1000通貨から取引ができますしスマホ取引の体制も整っています。初心者向きの会社というのが本来の姿です。

また、代表の小林氏が発信する情報は初心者にとっては心強いサポートになることでしょう。

FX会社選びで重要な要素となる点が、軒並み高評価の会社です。特に発信される情報がトレーダー目線という点は大注目です。



FXプライムbyGMO
口座開設者の2人に1人が初心者で、新米投資家からの評価は絶大!? 特にワンクリックで相場展開を分析できるぱっとテクニカル』は神機能ともいえる優れものです。
無料のオンラインセミナーが毎週実施されるので、FX経験が0からでも安心して取引ができます。
FX初心者にイチオシ詳しい説明
FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

DMM FX
全通貨のスプレッドがいずれも最狭水準!しかも取引に応じて『ポイント』が貰えます。(1ポイント=1円で現金化)
24時間サポートだから初めてでも安心。問い合わせは、電話・メールは勿論ですがLINEもOK。満足度の高さはFX口座数 国内第1位が証明※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ
誰が使っても満足度が高い!詳しい説明
DMM FX

GMOクリック証券
スプレッド、スワップ、取引ツールなど全てにおいて完成度が高いFX会社。スマホアプリが使いやすいので、外出先でも安心です。
6年連続で世界第一の取引高が利用者の満足度を証明しています。※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2017年12月)
FXといえばココが鉄板!詳しい説明
GMOクリック証券
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク