【IPO】ALiNKインターネット:上場日12月10日

ALiNKインターネットが承認されした。

東証マザーズの小型IPOで業績も好調です!
初値は期待できそうですね。

事業内容は【お天気予報専門メディアの「tenki.jp」の運営】と地味な雰囲気ですが、年間で41.3億PV(ページ閲覧数)も観られています。

このメディアに付随した広告収入が大きな柱となっているようです。

内容を見ると 売上が約7億円に対して経常利益は3.5億円 
すごい高利益体質ですね。

吸収金額は9億未満の小型ですから、初値は強いと予想しています。
私は抽選に対して全力参加の予定です。

ALiNKインターネットの概要

コード:社名  7077:ALiNKインターネット
業種 サービス業
事業内容 お天気予報専門メディアの「tenki.jp」の運営
直近業績 売上〇 利益〇
上場市場 東証マザーズ
主幹事証券 野村証券 0円申込 .
上場日 2019年12月10日(火)
BB:申込期間 2019年11月22日(金)  2019年11月28日(木)
公募株数 150,000株
売出株数 355,200株
OA 75,700株
想定価格 1,470円
吸収金額 約8.5億円
取扱証券

野村証券 0円申込 .
SMBC日興証券.
三菱UFJモルガンスタンレー証券.
SBI証券(ポイント貯まる).
岡三証券.
エース証券

★取扱い追加2社
岡三オンライン証券 0円申込 .
カブドットコム証券 平等抽選 .

平等抽選 :ネット抽選の割合がほぼ100%なので有利
0円申込 :申込段階では資金不要(当選後の入金でOK)

上場日は12月10日でSOSiLA物流リートと重なっています。
当選確率ではリートですが、初値期待はALiNKインターネットが圧倒ですね。

当選を狙う上で絶対に外せないのは、主幹事の野村証券です。
前受金不要(0円申込)ですから必須といって良いでしょう。

それ以外は、SBI証券はハズレてもポイントプレゼントがあるので申込んでおくのが得策。

初値期待は大きいので、資金の余裕があれば“数撃ちゃ当たる戦術”で取扱い証券は全部申込みたいですね。


SMBC日興証券
IPO愛好家から“必須証券”と呼ばれるほど人気が高い会社!
主幹事数と取扱い数は業界トップクラスの実績がります。

IT関連など初値高騰が期待できる企業の取扱いが多いのも魅力。IPOで当選を狙うなら最初に口座開設を検討すべき会社だと思います。
IPOのイチオシ詳しい説明

SMBC日興証券 オンライントレード

マネックス証券
IPO取扱い数は毎年トップレベル!さらに100%平等抽選を行う貴重な会社。
取引量や資金に関係なく抽選が行われるので誰でも当選のチャンスあり。IPO愛好家には「主幹事+マネックス証券」を申込の基本戦略にしている人が多いです。
100%平等抽選詳しい説明
株・投資信託ならネット証券のマネックス

岡三オンライン証券
前受金不要(資金0円)で申込ができる貴重な会社。
年間IPO取扱い数は50本程度と上位クラス。

今だけ、口座開設+5万円入金で2000円が貰える嬉しいキャンペーンを実施中。

資金0円で申込詳しい説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク