【IPO】マクアケ:上場日12月11日

購入型クラウドファンディングの「マクアケ」が承認されました。

クラウドファンディングには何種類かあるのですが、こちらはリターンとして物やサービスが受け取れるタイプのものです。

リターンはあるのですが、寄付的な要素が強いタイプですね。
このタイプは、急拡大しています。

今回の「マクアケ」はサイバーエージェントの子会社で、 出資者には本田圭佑さんのファンドや市川海老蔵さん もいます。

また、業績が堅調で過去3年は売上が200%ペースで成長!
勢いがある会社ですね。

一方で不安点は吸収金額が45億円で、東証マザーズとしては大型になります。

IPOとして総合的にみると、マイナス要素よりもプラス要素の方が勝っているように見えますので、初値は堅調と予想しています。

マクケアの会社概要

コード:社名 4479:マクアケ
業種 情報・通信
事業内容 クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」の運営等
直近業績 売上〇 利益〇 倍々上昇
上場市場 東証マザーズ
主幹事証券 大和証券.
上場日 2019年12月11日(水)
BB:申込期間 2019年11月26日(火)  2019年12月02日(月)
公募株数 980,000株
売出株数 1,565,000株
OA 381,700株
想定価格 1,550円
吸収金額 約45.4億円
取扱証券

大和証券.
SMBC日興証券.
みずほ証券.
三菱UFJモルガンスタンレー証券.
マネックス証券 平等抽選 .
SBI証券(ポイント貯まる).
岩井コスモ証券(後期型).

★追加?取扱いの可能性あり
カブドットコム証券 平等抽選 .

平等抽選 :ネット抽選の割合がほぼ100%なので有利
0円申込 :申込段階では資金不要(当選後の入金でOK)

主幹事は、またも大和証券です。
後半戦になって連発!

大和証券は2014年も後半戦で怒涛の主幹事ラッシュを演じて、当時は絶対的な存在だった野村証券を追いつめた過去があります。

その当時の勢いが復活したような雰囲気です。

それ以外で申込みたいのは、平等抽選のマネックス証券ですね。

IPOの抽選は年々激しくなっているのですが、この会社だけは100%抽選ということもあり当選報告の数が減りません(むしろ増えている?)。

平等抽選枠が高い証券会社は、やはり狙い目ですね。

申込は必須!?平等抽選の証券会社

今回の銘柄は話題性が高いので、プラス初値を形成すると予想しています。


SMBC日興証券
IPO愛好家から“必須証券”と呼ばれるほど人気が高い会社!
主幹事数と取扱い数は業界トップクラスの実績がります。

IT関連など初値高騰が期待できる企業の取扱いが多いのも魅力。IPOで当選を狙うなら最初に口座開設を検討すべき会社だと思います。
IPOのイチオシ詳しい説明

SMBC日興証券 オンライントレード

マネックス証券
IPO取扱い数は毎年トップレベル!さらに100%平等抽選を行う貴重な会社。
取引量や資金に関係なく抽選が行われるので誰でも当選のチャンスあり。IPO愛好家には「主幹事+マネックス証券」を申込の基本戦略にしている人が多いです。
100%平等抽選詳しい説明
株・投資信託ならネット証券のマネックス

岡三オンライン証券
前受金不要(資金0円)で申込ができる貴重な会社。
年間IPO取扱い数は50本程度と上位クラス。

今だけ、口座開設+5万円入金で2000円が貰える嬉しいキャンペーンを実施中。

資金0円で申込詳しい説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク