【IPO承認】ジャパン・インフラファンド投資法人!高分配は魅力・・でも初値は微妙? ( ゜o゜!)エェッ

ジャパン・インフラファンド投資法人が承認されました。
油断しいて、読者のゆいまいさんが知らせてくて気が付きました。
アリガトォ(/o^∀^o)/

さて、IPO投資家にとっては嫌な記憶が多いインフラファンドです。
とにかく、公募割れするイメージが強いですね。

抽選日には「当選したのに、震え上がる」という一人漫才が恒例です。
ヒィィッ!!∑(=Д=ノ)ノ

REITと仕組みは似ていますが、市場規模が小さいのでプロの買いが入りずらいのが難点。初値に関してもやや厳しくなる考えておく必要があります。

一方で、ずーっと下り坂だった既存のインフラファンドは基準価格が順調に回復しています。

NOI利回りは8.5%と高いのも魅力ですね。
また、 メインスポンサーが丸紅で格付けA (R&I)という安心材料もあります。

連敗続きのインフラファンドでしたが、この銘柄は連敗記録をストップさせる可能性は充分にありますね。
ლ(╹◡╹ლ) あがれあがれ

ただし、大きく儲かる銘柄とは思えませんので、ある程度の利益を目指すならホールドの方が良いかもしれませんね。

上場後でも買いチャンスがあるので、抽選に参加する必要があるかは微妙です。

スポンサーリンク

新規承認の会社概要

コード:社名 9287:ジャパン・インフラファンド投資法人 
業種 インフラ:太陽光
事業内容 再生可能エネルギー発電設備。公共施設等運営権。
スポンサー メイン:丸紅 その他:みずほ銀行、みずほ信託
上場市場 東証インフラ
主幹事証券 みずほ証券.
上場日 2020年2月20日
BB:申込期間 2月4日~2月10日
公募株数 70,500口
売出株数 0口
OA 2,400口
想定価格 95,000円
吸収金額 72.9億円
取扱証券 SMBC日興証券.
みずほ証券.

取扱証券は主幹事のみずほ証券SMBC日興証券の2社だけです。

おそらく、参加を見送る人も多いと思うので、当選は容易だと思います。
(๑• ㅂ• )و✧

初値高騰は期待できませんが、ボロボロになるのも想像できないですね。
2020年の勢いをつける意味でチャレンジしてみてもいいかもしれません。

分配金が期待できるので公募割れしてもホールドの選択肢があります!

初値売却で短期的な利益を目指す人には不向きですが、ジックリ中長期という点であれば資産配分の1つに加えるのは面白いと思います。

kaoruでした。

ランキングに参加しています!
٩( ‘ω’ )و ガンバルぞい

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

IPOに強い証券会社は?《2020年版》

SMBC日興証券
IPO愛好家から“必須証券”と呼ばれるほど人気が高い会社!
主幹事数と取扱い数は業界トップクラスの実績がります。

IT関連など初値高騰が期待できる企業の取扱いが多いのも魅力。
IPOで当選を狙うなら最初に口座開設を検討すべき会社だと思います。

IPOのイチオシ詳しい説明

SMBC日興証券 オンライントレード


マネックス証券
IPO取扱い数は毎年トップレベル!さらに100%平等抽選を行う貴重な会社。
取引量や資金に関係なく抽選が行われるので誰でも当選のチャンスあり
IPO愛好家には「主幹事+マネックス証券」を申込の基本戦略にしている人が多いです。

100%平等抽選詳しい説明

株・投資信託ならネット証券のマネックス


岡三オンライン証券
前受金不要(資金0円)で申込ができる貴重な会社。
年間IPO取扱い数は50本程度と上位クラス。

今だけ、口座開設+5万円入金で2000円が貰える嬉しいキャンペーンを実施中。

資金0円で申込詳しい説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする