IPO初値に影響必至?コロナウイルスは大変だけどFOMCを忘れるないで\_(。・∀・)注目

新型コロナウイルスの拡大不安で、週明けから株式市場は軟調に推移しています。

27日の日経平均株価は先週末比で▲480円、28日も下落は止まらず▲130円となりました。

合計で約600円の下げですから見た目は派手ですね。

もっとも、率にすれば2.5%程度ですので大騒ぎするレベルではありません。
 o(゚◇゚o)ホエ? ??

現状としては、落ち着けば株価は回復していくと思います。

ただし、長引いた訪日客の減少が続いた場合は 国内GDPを0.45%押し下げるという試算 も出ています。

成長力が弱い中で、0.45%も押し下げられたら強烈ですね。
参考までに、IMFの最新経済見通しを記載しておきます。

  2019年 ※2020年 ※2021年
世界 2.9% 3.3% 3.4%
先進国 1.7% 1.6% 1.6%
米国 2.3% 2.0% 1.7%
ユーロ圏 1.2% 1.3% 1.4%
日本 1.0% 0.7% 0.5%
新興国 3.7% 4.4% 4.6%
中国 6.1% 6.0% 5.8%
インド 4.8% 5.8% 6.5%

※2020年、2021年はIMF予想(2020年1月20日)

これは1月20日に発表されたので、コロナウイルスが拡大する前のものです。
今後の成長見通しは引き下げになる可能性はありますね。
(。 ・ω・))フムフム

スポンサーリンク

直近のIPOを考えると、FOMCの方が重要?

コロナウイルスに関しては今後を見守るしかありませんが、報道が過激すぎるのと不透明感から市場が強めに反応しているように見えます。

今の株式相場はチョット読みずらいので、こういった時は相場を忘れるのも大切だと思います。ハァーイ!L(´▽`L ). 

コロナウイスに限らず、風邪やインフルエンザの予防も含めた自己管理する方を意識した方が良さそうですね。

単純にIPO初値や日経平均という点だけで考えると、 直近のFOMC(28日~29日) の方が影響が大きいと考えています。

※FOMC:アメリカの金融政策を決める会合で年8回実施

金利は据え置きだと思いますが、29日に予定されているパウエル議長の会見内容で株式市場が大きく動く可能性もあります。

今週は相場に参加しないで、静観している方が良い気がしますね。
ネヨウ(* ̄~ ̄)ムニャムニャ・・・

IPOは地合いで初値も大きく変わるります。

日経平均株価は米国市場に引っ張られる傾向はあるので、米国の金融政策や雇用統計の方が重要だと考えています。

kaoruでした。

ランキングに参加しています!
٩( ‘ω’ )و ガンバルぞい

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

IPOに強い証券会社は?《2020年版》

SMBC日興証券
IPO愛好家から“必須証券”と呼ばれるほど人気が高い会社!
主幹事数と取扱い数は業界トップクラスの実績がります。

IT関連など初値高騰が期待できる企業の取扱いが多いのも魅力。
IPOで当選を狙うなら最初に口座開設を検討すべき会社だと思います。

IPOのイチオシ詳しい説明

SMBC日興証券 オンライントレード


マネックス証券
IPO取扱い数は毎年トップレベル!さらに100%平等抽選を行う貴重な会社。
取引量や資金に関係なく抽選が行われるので誰でも当選のチャンスあり
IPO愛好家には「主幹事+マネックス証券」を申込の基本戦略にしている人が多いです。

100%平等抽選詳しい説明

株・投資信託ならネット証券のマネックス


岡三オンライン証券
前受金不要(資金0円)で申込ができる貴重な会社。
年間IPO取扱い数は50本程度と上位クラス。

今だけ、口座開設+5万円入金で2000円が貰える嬉しいキャンペーンを実施中。

資金0円で申込詳しい説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする