カーブス と Kids Smile は申込へ!C級銘柄も強気に攻める理由

IPOの承認が日々増えていますが、いよいよ抽選への申込も本格化してきました。
2020年は早い段階で当選をしたいですね。 

ちなみに、私の場合・・・
過去のIPO当選は 90%以上がC~D級 銘柄!
( ・`ω・´)キリッ ←間違った反応(笑)

A級・S級を目指していますが、なかなか難しいのが現実です。

もっとも、C級銘柄でも「地合い」や「単価」によっては10万円程度の利益が獲得できる場合があるので魅力は充分だと思っています。
デ━d(。・∀・。)━ス!!!

直近で気になるのは、地合いですよね~。
テレビのニュースを見ると新型肺炎だらけ・・・

訪日外国人の減少はしょうがないのですが、日本人も警戒から外出を控えている人が多いので街に出ても活気がありません。

このような状況で、カーブスHD と Kids Smile Holdings の申込がスタート。
いずれも C級 ですから、チョット気になりますね。

私の最終結論としては、 全力申込で決定 です。
2銘柄とも、フル参戦でいきます。
シュッシュッ(((ง’ω’)و三 ง’ω’)ڡ≡

スポンサーリンク

投資家は冷静☆⌒(*^-゚)b 日経平均株価は底堅く推移!

新型肺炎のニュースは日々加熱感が増しています。
一方で、日経平均株価は底堅く推移!

以下は、日経平均株価の直近6ヶ月推移です。

テレビでは新型肺炎による経済の影響に関する発信も増えていますが、投資家は予想以上に冷静に対応しています。

大騒ぎしている割には、年初よりも株価は上昇!

また、2万3千円まで下がると、買いが入る傾向があるので大崩れする雰囲気はありませんね。

・・・と言うわけで、カーブスHD と Kids Smile Holdings は全力申込をすることにしました。

カーブスは公募価格750円(100株:7万5千円)ですので、 初値売却でプラス2万円 程度を想定しています。

三菱UFJモルガンスタンレー証券カブドットコム証券の強力コンビが注目。

私は2証券とも昨年は当選できているので期待しています。
もっとも・・三菱さんは公募割れ銘柄でしたけどね。
 Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん! 

Kids Smile Holdingsは公募価格2260円(100株:22万6千円)。
こちらは限りなくB級に近いので、 初値売却で+10万円 もあり得そうですね。
(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン.

注目は主幹事のいちよし証券と平幹事のエースであるマネックス証券

いちよしさんは当選経験が無いのですが、マネックス証券は昨年も当選できているので期待しています。

ちなみに、両銘柄とも 0円申込の岡三オンライン証券 の取扱いが決定しました。

毎回、IPOラッシュでは資金不足で泣きそうなのですが、今回は珍しくガッツリあります。

久々に全力申込ができる体制なのですが・・・
資金に余裕があるからって、当選が増えるイメージも無いんですよね。
_(・・?..)?アレェ

私の場合は、当選の多くは主幹事と平等抽選の証券会社なので、資金量は関係ないかもしれません。

尚、Kids Smile Holdings は10万円程度のリターンが期待できるので、読者の当選者紹介を予定しています。

当選を目指して頑張りましょう。
ガンバ―――ヾ(●`・△・´●)ゞ―――ァァァ!!!

kaoruでした。

ランキングに参加しています!
٩( ‘ω’ )و ガンバルぞい

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

IPOに強い証券会社は?《2020年版》

SMBC日興証券
IPO愛好家から“必須証券”と呼ばれるほど人気が高い会社!
主幹事数と取扱い数は業界トップクラスの実績がります。

IT関連など初値高騰が期待できる企業の取扱いが多いのも魅力。
IPOで当選を狙うなら最初に口座開設を検討すべき会社だと思います。

IPOのイチオシ詳しい説明

SMBC日興証券 オンライントレード


マネックス証券
IPO取扱い数は毎年トップレベル!さらに100%平等抽選を行う貴重な会社。
取引量や資金に関係なく抽選が行われるので誰でも当選のチャンスあり
IPO愛好家には「主幹事+マネックス証券」を申込の基本戦略にしている人が多いです。

100%平等抽選詳しい説明

株・投資信託ならネット証券のマネックス


岡三オンライン証券
前受金不要(資金0円)で申込ができる貴重な会社。
年間IPO取扱い数は50本程度と上位クラス。

今だけ、口座開設+5万円入金で2000円が貰える嬉しいキャンペーンを実施中。

資金0円で申込詳しい説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kaoru様
     こんばんは Prof.新城です。お久しぶりです。
    新規承認がどんどん出てきて、アワワワ・・・。追いつきません。
    kaoruさんは、その日にパッ!パッ!と承認記事をアップされています。
    さすがです。

    さて、今回の記事がカーブスホールディングですので、
    コメントさせていただきます。
    Prof.新城の分析・解析では、三菱UFJモル・スタ証券およびauカブコム証券の
    カーブス抽選枠(当選本数)は、【1956本】【856本】と予想しました。
    三菱はともかく、カブコムの856本は、何を考えているの?・・・ですよね。
    根拠をご説明します。

    2017~2019年(10月まで)の、三菱とカブコムの抽選枠の実績を分析したところ、
    2019年10月にいままでと明らかに異なる実績(傾向)向が出てきました。
    一言でいうと、三菱・カブコムがペアの場合、三菱が主幹事・平幹事関係なく
    カブコムの抽選枠が異常に多いのです。とんでもなく多い抽選枠です。
    理由はわかりません。カブドットコム証券からauカブコム証券へ変わり、
    IPO取扱方針が変更になったのでしょうか?
    継続してウオッチすれば判別できるのではと考えてています。

    ともかく、今回のカーブスについては、カブコムの抽選枠がいままで
    以上になっている、期待できるくらい多くなっている可能性があると
    考えている次第です。
    予想が外れたらごめんなさい。・・・ムムム(^^;)
    では、また・・・(^^)/~~