IPO病が出てきた!さくらさくプラス はどうする?((っ•ω•⊂))ウズウズ

さくらさくプラスの仮条件が発表されました。

想定価格 2060円 に対して、仮条件は 1150円~1430円 。
凄まじい弱気ぶりです。
(」゚Д゚)」オ───イ!!

ただし、これで吸収金額は10億円未満
10連続中止でIPO空白期間という追い風!

最近は、ずーっと申込ができていないので、申し込みたい気持ちがムクムクと湧き上がってきます。

“IPO病”が発症です(笑)
((o(゙ε゙)o))ウズウズ

しかも、主幹事は好相性のSMBC日興証券です。
今期の当選IPOでは利益が出ていますし、保有しているREITも連日高騰中。

気持ちとしては、勢いにまかせて申込みしたい!
 …((((*・o・)ノ Go Go♪

・・・が、やはりスルーすることにします。
上場日が4月24日というのが気になります。

現状としては、マーケットの地合いで初値が決まっている状態。
ここで申込むのは ギャンブル宣言 と同じですね。

やはり、IPOの申込は市場が上向きの時が理想です。

スポンサーリンク

日経平均株価は回復しているように見えますが・・

足元の株価を見ると、日米とも回復しているように見えます。
ただし、実際には新型ウイルスの拡大は続いています。

8日は日本の感染者数が500人で最多を大幅更新・・
NYも感染者数は横ばいになってきましたが、1日の死亡は最多の700人超・・

収束の目途がたっていない中での株価上昇が長続きするとは思えません。
(。-`ω-)ンー

さくらさくプラスについては上場日が24日ですので、地合いに関しては悪い時になりそうな気がしています・・

経済政策や緊急事態宣言といったマーケットには前向きな材料が続いていますが、月後半からは実体経済に関心が移っていくと思います。

今回の経済への打撃はウイルスという未知の存在が原因ですので、1年くらいで完全回復というは難しいですね。

株価が回復一直線というのは、ちょっと安易な気がします。
個人的には、どこかの段階で株価は下へ向いていくと予想。
….φ(・ω・` )カキカキ

最初の危険地帯は4月後半だと思っています。

現在のところ「緊急事態宣言」は5月6日まで効力があるとなっていますが、月後半になっても感染者数が減らなければ自粛延長の雰囲気になります。

長期戦が意識されるとマーケットが弱くなってくると想像しています。

まぁ、一つ希望を述べるとすれば、私の投資見通しはハズレる事が多いという点。
 (`・ω・´)キリッ ←間違った反応(笑)

取りあえず不安に感じるときはIPOは申込まないのが鉄則!
今回は、SBI証券のポイント取りだけにします。

やや暗い記事になりましたが、ウイルスが収束した後のことを考えれば マーケットの反発は大きいと思います 

今はジャンプする前の屈伸運動をしている時期ですね。
IPO病を抑え込んで、パワーを蓄えていきたいと思います。
( ・Θ・)ゞピヨッ!!

kaoruでした。

ランキングに参加しています!
٩( ‘ω’ )و ガンバルぞい

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

IPOに強い証券会社は?《2020年版》

SMBC日興証券
IPO愛好家から“必須証券”と呼ばれるほど人気が高い会社!
主幹事数と取扱い数は業界トップクラスの実績がります。

IT関連など初値高騰が期待できる企業の取扱いが多いのも魅力。
IPOで当選を狙うなら最初に口座開設を検討すべき会社だと思います。

IPOのイチオシ詳しい説明

SMBC日興証券 オンライントレード


マネックス証券
IPO取扱い数は毎年トップレベル!さらに100%平等抽選を行う貴重な会社。
取引量や資金に関係なく抽選が行われるので誰でも当選のチャンスあり
IPO愛好家には「主幹事+マネックス証券」を申込の基本戦略にしている人が多いです。

100%平等抽選詳しい説明

株・投資信託ならネット証券のマネックス


岡三オンライン証券
前受金不要(資金0円)で申込ができる貴重な会社。
年間IPO取扱い数は50本程度と上位クラス。

今だけ、口座開設+5万円入金で2000円が貰える嬉しいキャンペーンを実施中。

資金0円で申込詳しい説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする