【IPO承認】インバウンドテック 2018年の中止から復活ですヽ(`・皿・´)v復活

本日も3件の新規承認がありました。
(ポピンズホールディングス、いつも、インバウンドテック)

1日に3件程度の承認が普通になってきましたね。
その中のインバウンドテックはもともと2018年6月末に上場予定でした。

事業内容は「24 時間 365 日・多言語対応コンタクトセンター運営事業、セールスアウトソーシング事業」となっています。

簡単にいうとコールセンターですね。
(。 ・д・)-д-)ふむふむ

多言語対応という点は差別化の一つですが、社名の【インバウンド】に関連する業務は少ないようにも見えますね(笑)

業績に関しては順調に右肩上がりで、今期も第3四半期の段階で利益は前年に同水準まで到達しています。
売上も前年を上回るペースですね。

そして、吸収金額は13.5億円と小さめなので問題なさそうです。

大幅上昇と言えるまでの好条件ではありませんが、 想定価格は5700円と大きい の利益額は非常に大きくなる可能性があります。
 (*・`o´・*)ホ─

儲かるIPOという事では注目ですね!

スポンサーリンク

新規承認の会社概要

コード:社名 7031:(株)インバウンドテック
業種 サービス業
事業内容 24 時間 365 日・多言語対応コンタクトセンター運営事業、セールスアウトソーシング事業
直近業績 売上△~〇 利益〇
上場市場 東証マザーズ
主幹事証券 東海東京証券.
上場日 2020年12月18日
BB:申込期間 2020年12月3日~2020年12月9日
公募株数 186,200株
売出株数 20,000株
OA 30,900株
想定価格 5,700円
吸収金額 13.5億円
取扱証券

東海東京証券.
SBI証券(ポイント貯まる).
エイチエス証券 0円申込.
エース証券
香川証券
水戸証券

事業的にはやや面白味に欠けますが、初値はプラスが予想されます。
単価が高いので、上昇が小さくても利益額という点では期待できそうです。

注目は主幹事の東海東京証券ですね。
当選期待という点では、事実上はこの1社です。

あとは、SBI証券でポイント取りくらいかな?
(σ・∀・)σ1Pゲッツ!!

期待しましょう。

kaoruでした。

ランキングに参加しています!
٩( ‘ω’ )و ガンバルぞい

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

IPOに強い証券会社は?《2020年版》

SMBC日興証券
IPO愛好家から“必須証券”と呼ばれるほど人気が高い会社!
主幹事数と取扱い数は業界トップクラスの実績がります。

IT関連など初値高騰が期待できる企業の取扱いが多いのも魅力。
IPOで当選を狙うなら最初に口座開設を検討すべき会社だと思います。

IPOのイチオシ詳しい説明

SMBC日興証券 オンライントレード


マネックス証券
IPO取扱い数は毎年トップレベル!さらに100%平等抽選を行う貴重な会社。
取引量や資金に関係なく抽選が行われるので誰でも当選のチャンスあり
IPO愛好家には「主幹事+マネックス証券」を申込の基本戦略にしている人が多いです。

100%平等抽選詳しい説明

株・投資信託ならネット証券のマネックス


岡三オンライン証券
前受金不要(資金0円)で申込ができる貴重な会社。
年間IPO取扱い数は50本程度と上位クラス。

今だけ、口座開設+5万円入金で2000円が貰える嬉しいキャンペーンを実施中。

資金0円で申込詳しい説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする