東和ハイシステムの補欠と楽天証券の結果!繰上げ当選はできたのか? щ(・д・´щ)カモーン.

【注目】SBIネオトレード証券

ライブスター証券は2021年1月1日より「SBIネオトレード証券」となりました。
(2020年10月にSBI証券の完全子会社となりました)


今後の経営方針の一つに【IPOの取扱い数の拡大】が明記されており、年末IPOではSBI証券が主幹事を務める4社の取扱いが発表されました。

2021年もSBI証券からの割当が期待されるので注目です。
SBIネオトレード証券 IPO抽選方法 ~2021年の期待証券~

年末IPOの抽選も事実上の終了となりました。
あとは後期型の楽天証券など一部を残すのみです。

最後はIPOラッシュだったので、2~3個は当選できると思ったのですが・・
当選0件の惨憺たる結果となっています。
(;¬д¬)ねぇ~.

IPOブロガーとして皆さんに夢を与えたいと考えていますが、
厳しい現実を伝える内容になってしまいました。
ゴロゴロ((((((‥)(: )(¨)( :)(*‥)ン?

ただ、まだ希望が残っています。

東和ハイシステム】でみずほ証券が補欠となっています。
さらに、100%平等抽選の楽天証券の抽選が残っています。

関連 IPO当選確率を上げる切り札!?平等抽選の証券会社を解説

ちなみに、私の初値に対するイメージは以下です。
ლ(╹◡╹ლ) あがれあがれ

★kaoru予想
公開価格2300円 ➡ 初値は3300円?

初値価格は公開価格から1000円アップを想定。
100株で利益は10万円ですね!

これで当選して、最後に盛り上がりたいですね。
ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

スポンサーリンク

結果を確認してみましょう。 (*゚▽゚*)ワクワク

今回はみずほ証券(補欠)と楽天証券ですね。

みずほ証券は何度も補欠になった経験はありますが、一度も繰り上がった経験はありません。
 ( ・`ω・´)キリッ←間違った反応(笑)

今回は初の繰上げを目指します。

それでは、2社の結果を見てみましょう。

・・・・・

・・・

●みずほ証券 落選(繰上げなし)
●楽天証券 落選

・・・・

・・

( ゚д゚)

・・・・・・

・・・

スウ~(-。-)ハァ~(-0-)深呼吸

・・・・・

・・・

・・

☆(゚ε(c=(`皿´#)ムキーッ
※主人に八つ当たり

やっぱり、補欠から繰上げは難しいですね。
年末IPOは「数撃ちゃ当たる作戦」で臨みましたが・・

現実は、数を撃っても当たりませんでした。
ナンデヤネン!(。-ω-)_θ☆(ノ・⊿・)ノ

オンデック】の後期型が残っているので、最後の大逆転を期待したいと思います。

kaoruでした。

落選した時の専用バナーです。
<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 

SMBC日興証券
IPO愛好家から“必須証券”と呼ばれるほど人気が高い会社!
主幹事数と取扱い数は業界トップクラスの実績がります。

IT関連など初値高騰が期待できる企業の取扱いが多いのも魅力。
IPOで当選を狙うなら最初に口座開設を検討すべき会社だと思います。

IPOのイチオシ詳しい説明

SMBC日興証券 オンライントレード


マネックス証券
IPO取扱い数は毎年トップレベル!さらに100%平等抽選を行う貴重な会社。
取引量や資金に関係なく抽選が行われるので誰でも当選のチャンスあり
IPO愛好家には「主幹事+マネックス証券」を申込の基本戦略にしている人が多いです。

100%平等抽選詳しい説明

株・投資信託ならネット証券のマネックス


岡三オンライン証券
前受金不要(資金0円)で申込ができる貴重な会社。
年間IPO取扱い数は50本程度と上位クラス。

今だけ、口座開設+5万円入金で2000円が貰える嬉しいキャンペーンを実施中。

資金0円で申込詳しい説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする