【IPO】負け犬のkaoruが吠えた!IPOの主役は“貧乏投資家”だ オリャ(ノ-o-)ノ ┫;:・

2020年の年末IPOは承認ラッシュとなりました。

全力申込で臨んだ結果はまさかの全敗

年の前半が堅調だったので、良い年となると思ったのですが・・・

中盤から失速して、後半戦は歴史的大敗という結果です。
バタリ (o_ _)o ~~~ †

私がこのような状況なので、他のIPO投資家も同様かと言えば・・・
そんな事はありません。
(●0Д0ノ)ノマジヵョッ!!

読者からは“今年は好調”というコメントを複数人からもらっています。
実際にIPO抽選のたびに当選コメントがシッカリと届きます。

ただし、資金が大きい人が当選が多いのも事実です。

資金が少ない人は『IPOは辞めた方がいい』ということでしょうか?
il||li (OдO`) il||li

いいえ、そんな事はありません。

むしろ“貧乏投資家”こそIPOだと思います。
:;…::;.:.:::;..ω´・):;.:.:;.:.ω´・)(・`ω´・+)フッカツ

スポンサーリンク

IPOに大金を投資するのは意味なし?

IPOに連続当選をしている人を見ると羨ましいですね。
私もそう思います。
(o・ω・))-ω-))うん

ただし、大金を投じる方法が正しいかと言えば疑問です。

例えばですが、資金1億円でチャレンジして20万円の利益を得た場合ですが・・

リターン率は資金に対して0.2%しかありません。
これなら、預金のキャンペーンでもいいですね。

ちなみに、日経平均株価の年初来リターンは12%を超えているので、年初に1億円を買付ければ1200万円以上の利益になった計算です。

もっとも金額が大きいと保守的な運用で充分ですから、この数字はあくまで目安です。

私の目安なら1億円なら利益は500万円3億円なら1000万円くらいはリターンが欲しいですね。

では、現在のIPOでこれを容易に達成できるかというと・・、
けっこう難しいと思います。
(*•ω•*)なるほど

では、もしも100万円の資金でIPOにチャレンジして、当選で20万円の利益を得たら・・

これだと資金に対してのリターンは20%なので、運用成績としては1発で合格になります。
その年は、他の運用は不要と言ってもよいくらい。
( ・∀・)=b グッジョブ

つまり、IPOは少額資金で当選するのが理想です。

だから、私はIPOに当選できなくても、全く落ち込んだりしません。
落選ラッシュでも、つねに笑顔です。

・・・・・・

・・・・・

・・

← 現実がこれ(笑)

実際の感情は、机上の理論どおりにはいかない面もあります。

ただ、少額チャレンジで当選している人を見ると『凄いなぁ!』と思います。
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

IPOで当選するには挑戦あるのみ!

さて、資金が少ない状態でIPOで当選を目指す場合ですが、当選した読者の状況を見ていると諦めずにコツコツと頑張っている人が目立ちます。

○○が効率的!△△証券が有利!・・
いろいろ考え方がありますが、やっぱり継続している人が強いです。
.. φ(・ω・ )かきかき

そもそも、資金が少なければ作戦は限られています。

主幹事の申込は確定として、あとは平等抽選の証券ですね。

関連 IPO当選確率を上げる切り札!?平等抽選の証券会社を解説

尚、平等抽選で当選コメントが多い順に並べると、マネックス証券松井証券 、楽天証券 となっています。

楽天さんは期待していたのですが、やはり口座数が多くて予想よりも当選報告が少ないです。

マネックス証券はIPO取扱い数も多いのがプラス材料です。

松井証券は当選コメント年々増えているので穴場だと思います。

あとは、0円申込の会社にひたすら申込です。

関連 IPOで超貴重!資金0円から申込みができる証券会社を解説

こちらは当選確率は低いので期待値は小さいのですが、当選者がいるのは事実。
ガンバルのみです。
(((ꎤ’ω’)و三 ꎤ’ω’)-o≡シュッシュ

今年の年末IPOは、私のように大敗だった人もいると思います。

繰り返しとなりますが、私は全く気にしていません。
(゚ε゚)キニシナイ!!

・・・・・・

・・・・・

・・

← 現実がこれ(再)

来年は資金が小さくても当選できることを証明する年にしたいと思います。

同士の皆さん!頑張りましょう。
 (๑و• Δ• )وえいえいおー

・・・・
以上が、2020年“負け犬kaoru”の遠吠えでした。

・・・・・・

・・・・・

・・

(。´Д⊂)うぅ・・・
当選したかったよ~。←本音(笑)

kaoruでした。

ランキングに参加しています!
٩( ‘ω’ )و ガンバルぞい

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

SMBC日興証券
IPO愛好家から“必須証券”と呼ばれるほど人気が高い会社!
主幹事数と取扱い数は業界トップクラスの実績がります。

IT関連など初値高騰が期待できる企業の取扱いが多いのも魅力。
IPOで当選を狙うなら最初に口座開設を検討すべき会社だと思います。

IPOのイチオシ詳しい説明

SMBC日興証券 オンライントレード


マネックス証券
IPO取扱い数は毎年トップレベル!さらに100%平等抽選を行う貴重な会社。
取引量や資金に関係なく抽選が行われるので誰でも当選のチャンスあり
IPO愛好家には「主幹事+マネックス証券」を申込の基本戦略にしている人が多いです。

100%平等抽選詳しい説明

株・投資信託ならネット証券のマネックス


岡三オンライン証券
前受金不要(資金0円)で申込ができる貴重な会社。
年間IPO取扱い数は50本程度と上位クラス。

今だけ、口座開設+5万円入金で2000円が貰える嬉しいキャンペーンを実施中。

資金0円で申込詳しい説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする