SBIネオトレード証券がヤバすぎるIPOルール変更!将来はSBI証券も改変?オワタ\(^o^)/

ゴールデンウィークなのでIPOについては特別書くことがありません。

資産運用ブログもお取り寄せ通販について!
投資と全く関係ない内容の記事アップをしました。
(〃’∇’〃)ゝエヘヘ

・・・と、ノンビリしていたらIPOブログ村で衝撃の記事を発見!
`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!

それは、IPO分析の鬼「Prof.新城」さんの記事です。
内容は、SBIネオトレードのIPOルール変更。

(σ・∀・)σ【NEWS】”笑えるルール改正” ネオトレード

簡単に言うと、完全平等抽選枠100%から10%に大幅減

残り90%はステージ制ですが、資金枠の最低額は3億円からという無茶苦茶な設定です。
d(○*ω*○)/アウチ!!

出典:SBIネオトレード証券
※2021年6月1日より適用

SBIネオトレード証券」は旧ライブスター証券で2020年10月からSBI証券の完全子会社となりました。

今後の経営方針の一つに【IPOの取扱い数の拡大】が明記されていて注目されましたが・・。

究極の手のひら返しとも言える、IPOルール改正で事実上の圏外行きですね。
オワタ\(^o^)/

スポンサーリンク

この変更は、最終的にSBI証券にも波及する?

強烈なIPOルール変更で、内容的にはIPO投資家にとっては絶望的です。

「IPOに注力するみたいな経営方針は何だったの?」
と言いたいところですが・・・

冷静に考えると【IPOの取扱い数の拡大】が明記されているだけで、IPOルールについては何も言及していませんね。
(´・ω・`)知らんがな

気になるのは、これが将来的にSBI証券の変更にも繋がる事への心配です。

・・・というのも、SBI証券は最終的に手数料の完全無料化を目指す方針。 
※現在は25歳以下の国内株式が実質無料

つまり、この収益減少をカバーしなくてはいけません。
IPO取引だけの人を優遇する余裕は無くなっていくかもしれませんね。
 (*´ノд) ダヨネー 

今回のSBIネオトレード証券の変更もその一環かな?

SBI証券は2021年から10%の裁量枠を取り入れましたが、段階的にこの枠を増やしていく可能性は否定できません。

もしも、SBI証券まで変更になると相当に厳しくなります。

最悪は他の証券への波及・・・
ネット証券を中心に、手数料はゼロ円に近づけていく方向があるので充分に考えられます。
ガタガタ(((゚Д゚)))ガタガタ

投資家の立場では何もできませんが、他に波及しない事を祈るばかりです。

私がS級IPOに当選するまでは、変更なしでお願いします。
(ㅅ´•̥ו̥` ) 頼む~

kaoruでした。

SMBC日興証券
IPO愛好家から“必須証券”と呼ばれるほど人気が高い会社!
主幹事数と取扱い数は業界トップクラスの実績がります。

IT関連など初値高騰が期待できる企業の取扱いが多いのも魅力。
IPOで当選を狙うなら最初に口座開設を検討すべき会社だと思います。

IPOのイチオシ詳しい説明

SMBC日興証券 オンライントレード


マネックス証券
IPO取扱い数は毎年トップレベル!さらに100%平等抽選を行う貴重な会社。
取引量や資金に関係なく抽選が行われるので誰でも当選のチャンスあり
IPO愛好家には「主幹事+マネックス証券」を申込の基本戦略にしている人が多いです。

100%平等抽選詳しい説明

株・投資信託ならネット証券のマネックス


岡三オンライン証券
前受金不要(資金0円)で申込ができる貴重な会社。
年間IPO取扱い数は50本程度と上位クラス。

今だけ、口座開設+5万円入金で2000円が貰える嬉しいキャンペーンを実施中。

資金0円で申込詳しい説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Prof.新城 より:

    kaoru様

    IPO分析の鬼「Prof.新城」です。
    鬼となったからには、日光を浴びても灰にならず、日輪刃で首を落とされても
    滅しない鬼を目指したいものです。

    出演料のお支払いはできませんが、登場させていただき誠にありがとうございます。
    折角の舞台ですので、ここで一つお聞きしたいことがあります。
    最近気づいたのですが、2つのブログランキングへの登録名(ブログ名)が、微妙に違います。
    何か大いなるたくらみが、あるのでしょうか? 
    随分前ですが、IPOの女王に君臨する野望をお持ちだったような?…あははf(^^;)
    では、また(^^)/~

    • kaoru より:

      こんにちは(*´∇`)ノ、Prof.新城さん

      あ・・・( ̄▽ ̄;)
      ブログ登録名が違ってますね・・・
      ※ブログ村の方が正解

      ・・・・・・
      ・・・・・
      _ロ(・ω・=) ケシケシ
      ・・・・
      ・・・
      ♪~ <(・ε・;)> ←修正完了(笑)
      ※明日くらいに反映されるかな?

      ちなみに、新城さんのブログ名は
      私の中で・・・、

      【IPO分析の鬼!Prof.新城の株式投資】

      と、勝手に改変されています。
      (`・ω・´)シャキーン

  2. みやび より:

    こんにちわ、SBI証券マスターのみやびです(笑)。 このような改定は知りませんでした。SMBC日興証券にはプラチナステージ獲得のために5000万移動してありますが、SBIネオトレード証券に5億円移動する気持ちにはなれません。なぜかというとSBI証券の取り扱いする割当量よりもかなり少ない気がするからです。それにその程度の額になると、寝かせておくには資金効率悪すぎるからです。当たってもせいぜい数十万しかもうからないのでしょうから。。。(本当はSMBCのプラチナステージ獲得も、ここに当選の報告したいがためだけの資金移動なんですが笑) それと、その資金ハードルが高額になるのもSBI証券の高額取引者は相当な数いると思われます。自分も一応1日の売買高は10億円超えることも珍しくはないのですが、一度も裁量当選らしい当選はありません(泣)
    たぶんデイトレード主体なので支払っている金利が少ないからだとは思いますが、そうだとはいっても1日持続するスイングもします。それなのに、全く裁量当選無しです。
    有名な個人投資家で資産数百億を株で稼いだ○○SさんもSBI証券を使っているようで、以前日本郵政が新規公開したときに売買履歴をツイッターにのせていましたが、確か数百万株の取り引きだったように覚えています。大口取引している人にはお歳暮送ってきたり、航空会社のダイヤモンドステージだと問い合わせ電話番号を別の特別な電話番号にして電話を待たせないようなことをしていますが、同じようなこともしています。最近はFXの取引量多い人には現金やカタログギフト送ったりと優遇していますし、相当数な高額取引者がいると思います。そういう人たちを大事にするのは企業としては当然だと思いますが、マネックス証券や楽天証券などは逆にそういう人だとかえって取引しにくい状況になっていますので、SBI証券さんにはそういう人たちが集まる状況になると思います。実は自分も初めはマネックス証券でしたが、資産が増えるに連れ取引しにくい状況になり証券会社を移動した一人です。今後はこのような制度改正をしたとしても、それでも自分は当たりにくいのだろうと思っています。最近はSBI証券主幹事でないとほとんど当たりません。制度改正後もその流れは変わらないでしょう。チャレンジポイントもどうなるかわかりませんので、早めに使ってしまった方がいいと思います。自分も超S級が今年きたら全部使いたいと思っています。忙しくて文章見直していないので、読みにくいところがあったらご容赦ください。

    • kaoru より:

      こんにちは(*´∇`)ノ、みやびさん

      マスター、今回も貴重な情報で参考になります。
      ( v^-゚)Thanks♪

      なるほど、口座数ばかり見ていましたが・・
      取引する中身の人達も、だいぶ変わってきた感じですね。
      (。 ・д・)-д-)ふむふむ

      大手証券に対しては富裕層優先の姿勢から「1億円以下は客じゃない」みたいな例え話がありましたが・・
      現在はネット証券も、似たような方向性かもしれませんね。

      ・・・・・・
      ・・・・・
      チャレンジポイントは私は130Pしかありません。
      公募割れ銘柄じゃないと使い道がないかも?(笑)
      アチャー(ノ▽`;)