仕掛けのポイントはどこ?前回高値と安値に注目しよう

買いや売りを仕掛ける際に、「どこで買っていこう(売っていこう)」と悩んでいる人は多いようです。

今回は私の売買戦略についてお話します。
あくまでも個人的な手法ですので参考として眺めていただければと思います。

個人投資家の多くは注文するポイントを懸命に考えます。
しかし、プロと呼ばれる人達は「皆がどこで決済するか?」という考えで仕掛ける場所を探していきます。

決済が集まる場所に大きな動きがあるので、仕掛け方としてはプロのやり方が正しいと私は考えています。

前回高値と前回安値を探そう

『皆が決済するポイント・・』
これだけでは、ちょっと想像ができないかもしれませんね。

ここからは、私の考える決済ポイントについて書いていきます。

仕掛けのポイントとして個人的に勝率が高い方法としては、 前回高値や前回安値 を参考にする方法があります。

単純に前回(直近)の高値を超えたら、そこに買いを入れます。反対に前回(直近)の安値を下回ったら売りを仕掛けます。

個人投資家の多くは高値圏で買いを入れたり、安値圏で売りを入れる事を怖がる人が多いのですが、実はこちらの方が安全性は高いです。

この理由について、次に説明します。

安値を下回った時に売りを仕掛ける理由

図を見てみると分かると思いますが、直近安値を下回ってからズルズルと下がっていますね。どうしてこういった事が起こるのでしょう?

これは買いを入れている人の心理になれば簡単です。

買いポジションを持っていた時に、もしも下落に転じた場合は直近安値で損切りする人がもっとも多いと思います。

その付近に売りが固まっているケースが多いのですから、そこで売りを仕掛ければ一気に利益が取れるという筋書きです。

買いの時ははこれと正反対。

売りポジションを持っている人は下落予想に反して上昇した場合いは直近高値で買決済(損切り)が一般的です。

つまり、直近高値を超えた地点は買いパワーが充満している事が多いので上値を追っていく事が多くなります。

個人投資家の多くは、下がっている途中で買う(逆張り)パターンが多いのですが、プロは流れに沿う順張りが主流です。

相場ですので100%とは言えませんが、前回高値・安値で仕掛ける方法は逆張り手法よりは勝率がグッと良くなると思います。

補足:チャート分析が苦手な人へのヒント

「チャート分析はサッパ分からない」という人はFX会社で利用できるサービスを活用するのも方法です。

例えば、私が利用している機能に「ぱっと見テクニカル」があります。

これは過去の値動き(チャート)を参考にして、未来の値動きを予測する機能!通貨を選択してボタンを押すだけなので簡単です。

【FXプライムbyGMO】で利用できますので、興味がある人は口座開設をしてみてください。

過去からの予測なので100%信頼するのは問題ですが、今後の投資方針を決める上ではヒントになると思います。

関連FXプライムbyGMOの評価は? ガン見必須!3つの神機能に注目せよ

FXプライムbyGMO 公式ページ


FXプライムbyGMO
口座開設者の2人に1人が初心者で、新米投資家からの評価は絶大!? 特にワンクリックで相場展開を分析できるぱっとテクニカル』は神機能ともいえる優れものです。
無料のオンラインセミナーが毎週実施されるので、FX経験が0からでも安心して取引ができます。
FX初心者にイチオシ詳しい説明
FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

DMM FX
全通貨のスプレッドがいずれも最狭水準!しかも取引に応じて『ポイント』が貰えます。(1ポイント=1円で現金化)
24時間サポートだから初めてでも安心。問い合わせは、電話・メールは勿論ですがLINEもOK。満足度の高さはFX口座数 国内第1位が証明※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ
誰が使っても満足度が高い!詳しい説明
DMM FX

GMOクリック証券
スプレッド、スワップ、取引ツールなど全てにおいて完成度が高いFX会社。スマホアプリが使いやすいので、外出先でも安心です。
6年連続で世界第一の取引高が利用者の満足度を証明しています。※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2017年12月)
FXといえばココが鉄板!詳しい説明
GMOクリック証券
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク