FX初心者の資金目安!個人トレーダーの資金はいくら?

FXを試してみたいけど、いくらから始められるのか気になりますよね。

多額の資金が必要なら二の足を踏んでしまいますが、小さな資金で取引ができるならば今すぐにでも始めたい人もいると思います。

FXを始めるために必要な資金について説明します。

10万円以下で取引可能

FXに関しては大きな資金を動しているイメージが強いので大金が必要だと思っている人も多くいます。

しかし、FX取引は証拠金(預けたお金)を元手に数倍の取引ができるので、思った以上に少額の資金でトレードが可能です。

1万通貨が取引単位の基本になるので、米ドル/日本円で考えてみましょう。

米ドル/日本円の場合 ※1ドル=110円
110万円(1万ドル)×4%=44,000円
個人投資家は証拠金の25倍まで取引可能

1万ドルであれば5万円以下の資金から取引可能です。

最近は1000通貨から取引に対応している会社もありますので、そういった会社を利用すれば必要証拠金は5000円以下になります。

もっとも、これらは取引をするための最低金額ですので、実際の取引ではその数倍の証拠金を入れておいた方が安心です。

少額取引が可能な会社は?(1000通貨以下)
FXプライムbyGMOJFX メタリックトレードSBI FXトレードなどが有名

皆はどれくらいの資金を運用しているの?

FXの取引はレバレッジを最大限に利用すれば、大きな利益を狙えますが大損する可能性もあります。

あまりにも大きな金額を用意してしまうと、いざ損益が膨らんだときのダメージが大きすぎますので、ほどほどにしておくのが無難です。

参考のために、FXトレーダーの運用資金データを見てみましょう。
※資料 ザイFX「世界一やさしいFX超入門」

金額 割合
~10万円  9.9%
10万円~50万円  25.7% 
50万円~100万円  21.3% 
100万円~300万円  23.8% 
300万円~500万円  10.4%
500万円~1000万円  6.5%
1000万円~3000万円  2.5%

全体的には、10万円~300万の資金で取引をしている人が多いですね。
細かく見ていくと、10万円~50万円のゾーンが最大です。

個人的には、経験が浅い人は30~40万円くらいが無難だと思います?

本気でFXで利益を狙う人は1万通貨で取引

数千円からでも取引ができる会社(1000通貨単位)があると書きましたが、あくまでも取引に慣れる間の練習期間と考えた方が良いでしょう。

1000通貨だとプラス金額もマイナス金額も小さいので、取引に真剣さが加わらずいつまでたっても上達しない傾向があります。

楽しむ事が目的ならば少額の方が良いのですが、運用として儲けを出す事が目的の場合は1万通貨単位だと思います。

FXは少額から始めることが出来ますが、少なすぎると本気でFXに取り組めないデメリットがある点は頭に入れておいてください。

当然の話ですが、金額が多すぎても失敗した時に再起不能になってしまう可能性がありますので、自分にとって適度な金額や限界の金額を事前に決めておくと良いでしょう。

ワンポイント!
夕方~夜の取引が中心の人は、夜間サポートがある会社を選択した方が安心。
大手のDMM FXGMOクリック証券なら24時間対応しています。

ランキングに参加中!(*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ



FXプライムbyGMO
口座開設者の2人に1人が初心者で、新米投資家からの評価は絶大!? 特にワンクリックで相場展開を分析できるぱっとテクニカル』は神機能ともいえる優れものです。
無料のオンラインセミナーが毎週実施されるので、FX経験が0からでも安心して取引ができます。
FX初心者にイチオシ詳しい説明
FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

DMM FX
全通貨のスプレッドがいずれも最狭水準!しかも取引に応じて『ポイント』が貰えます。(1ポイント=1円で現金化)
24時間サポートだから初めてでも安心。問い合わせは、電話・メールは勿論ですがLINEもOK。満足度の高さはFX口座数 国内第1位が証明※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ
誰が使っても満足度が高い!詳しい説明
DMM FX

GMOクリック証券
スプレッド、スワップ、取引ツールなど全てにおいて完成度が高いFX会社。スマホアプリが使いやすいので、外出先でも安心です。
6年連続で世界第一の取引高が利用者の満足度を証明しています。※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2017年12月)
FXといえばココが鉄板!詳しい説明
GMOクリック証券
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク