FXの証拠金って何?簡単に言うと取引するための担保

FXを始めるためには証拠金が必要と言われていますけど、証拠金とは一体なんでしょうか。

証拠金にはさまざまな種類がありますが、それぞれの扱い方について説明していきます。

FXでは、預けたお金では取引しない?

FXを始めるときにFX取引業者に口座を開設しなければなりませんが、そこに預けるお金のことを「証拠金」と呼びます。

現物株式の売買であれば証券会社に預けたお金で取引を行うのですが、FXの場合は預けたお金(証拠金)で取引をしているわけではありません。

実際の取引では、業者のお金を使って取り引きをするので、証拠金はいわば担保のようなものと言えます。

そして、FX取引で損が出た場合は、証拠金から損失額分だけが差し引かれます。反対に利益が出たら証拠金に追加されていく仕組みです。

このように業者のお金で取引をして、決済した時に売買の損益だけを受け渡す方法を差金決済と呼んでいます。

取引をする為の最低額!必要証拠金

最初に預けた自分のお金は「取引証拠金」というものとなり、取引のために必要となる最低金額が「必要証拠金」と呼ばれます。

この「必要証拠金」については、1万通貨当たり○万円というように、取引する業者によって違いがあります。

もっとも多いのは、金融商品取引法によって決まっている「4%必要証拠金のルール」を採用しているケースです。

<参考>1ドル=100円 と仮定
1万ドルをFXで取引する時に必要な金額は、100万×4%=40,000円
僅か4万円の資金で100万円の売買ができます。

上記の例では4万円の証拠金で100万円分の取引が可能になりますので、最大で25倍の取引ができることになります。

このように少額の証拠金を元にして何倍もの売買ができる仕組みを「レバレッジ」と言います。

尚、為替レートは常に変動していますので、必要証拠金もそれに合わせて変動する点は頭に入れておいてください。

取引に活用できる余力!有効証拠金

FXが少額の元手で大きな取引ができると言っても、無限にできるわけではありません。有効証拠金は、どれくらい取引ができるかの目安になるものです。

有効証拠金 = 取引証拠金 ± 含み損益

トレードをしている途中では含み益や含み損が出てきて、自分が預けていた取引証拠金が変動します。

利益が出ている時は取引証拠金に加えられ、損失が出ている時はその分が取引証拠金から差し引かれます。このような状況で残った金額が「有効証拠金」です。

簡単に言うと、これから取引を行うにあたっての「余力金額」と言えます。

ちなみに、FX取引業者によっては最初の口座を開設したときに合わせて、すぐに証拠金を入れなければいけないところと、口座だけとりあえず作って取り引きをする直前に証拠金を入れれば良いところがあります。

どのタイミングで証拠金を入れるべきかは業者に確認してください。

ランキングに参加中!(*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ



FXプライムbyGMO
口座開設者の2人に1人が初心者で、新米投資家からの評価は絶大!? 特にワンクリックで相場展開を分析できるぱっとテクニカル』は神機能ともいえる優れものです。
無料のオンラインセミナーが毎週実施されるので、FX経験が0からでも安心して取引ができます。
FX初心者にイチオシ詳しい説明
FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

DMM FX
全通貨のスプレッドがいずれも最狭水準!しかも取引に応じて『ポイント』が貰えます。(1ポイント=1円で現金化)
24時間サポートだから初めてでも安心。問い合わせは、電話・メールは勿論ですがLINEもOK。満足度の高さはFX口座数 国内第1位が証明※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ
誰が使っても満足度が高い!詳しい説明
DMM FX

GMOクリック証券
スプレッド、スワップ、取引ツールなど全てにおいて完成度が高いFX会社。スマホアプリが使いやすいので、外出先でも安心です。
6年連続で世界第一の取引高が利用者の満足度を証明しています。※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2017年12月)
FXといえばココが鉄板!詳しい説明
GMOクリック証券
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク