FX会社は手数料が無料って本当?スプレッドが事実上のコストになります

FXの取引を行う業者を探すにあたって、気になるのは手数料ですね。

最近は多くの会社が“手数料無料”となっています。
ただし、実際にはコストが0円というわけではありません。

FXにはスプレッドという「見えざる手数料」が存在します。
運用中のコストを少しでも抑えたい人は、スプレッドが小さいFX会社を選択すると良いでしょう。

スプレッドは「見えざる手数料」

スプレッドというのは、買値と売値の価格差のことを言います。

通貨の価格はいつも買値と売値の2つが表示されており、この差がFX会社の儲けとなります。つまり取引を行う時に実質かかるコストです。

例えば、以下の場合であれば、スプレッドがもっとも小さいC社がお得ということになります。

BiD(買値) スプレッド Ask(売値)
A社 110.03 5銭 109.98
B社   110.05 7銭 109.98
C社 110.01 3銭 109.98

スプレッドはFX会社が自由に設定できるので、基本的にはスプレッドが小さい(狭い)業者を選ぶのがオーソドックスな方法です。

ただし、スプレッドは通貨ペアによっても違いがあります。一般的に取引量が少ないマイナー通貨と言われるものほどスプレッドが大きく(広く)なります。

メジャー通貨ぺアは数銭程度ですが、高いものになると1円以上にもなるので注意しなくてはなりません。

【補足】スプレッドが変動する事もある!

FX業者によっては、スプレッドが変動制だったり固定制だったりします。

有名なFX会社は基本的に固定のスプレッドシステムを採用しているので、初めての人でも取引がスムーズに行えます。

ただし、固定のスプレッドシステムを採用していても、重要な指標が発表されるときや為替相場は大きく動くときなどは、スプレッドが変動制になることもあるので注意してください。

スプレッドを基準にFX会社を選択する

運用コストを少なくしたい人は、スプレッドの幅が狭い(小さい)業者を選ぶと良いでしょう。

ただし、もっともメジャーな「米ドル/円」通貨ペアのスプレッドの幅が狭いからといって、全ての通貨ペアでお得とは限りません。

「ユーロ/円」ならば別の業者の方が有利という事もあるので、自分が扱う通貨ペアを決めてからFX会社を選択した方が良いと思います。

「通貨ぺアは後から考える・・」「複数の通貨ペアをトレードする」といった場合は、すべての通貨ペアのスプレッドがまんべんなく狭い業者を選ぶようにしてください。

【注意】期間限定でスプレッドを狭くするFX会社の利用

FX業者は少しでもお客さんに注目してもらうために、期間限定でスプレッドを狭くするようなサービスを提供することがあります。

コストに徹底して削減したい人は、その期間だけその業者を使って取り引きするのも賢い方法です。

ただし扱う業者が多くなってくると、資金の移動が面倒ですし使い慣れていない事が原因でチャンスを逸する可能性もあります。

個人的には、多くのFX会社を利用するのはオススメしません。2社程度(メイン1社、サブ1社)に留めておくのが無難です。

ランキングに参加中!(*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ



FXプライムbyGMO
口座開設者の2人に1人が初心者で、新米投資家からの評価は絶大!? 特にワンクリックで相場展開を分析できるぱっとテクニカル』は神機能ともいえる優れものです。
無料のオンラインセミナーが毎週実施されるので、FX経験が0からでも安心して取引ができます。
FX初心者にイチオシ詳しい説明
FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

DMM FX
全通貨のスプレッドがいずれも最狭水準!しかも取引に応じて『ポイント』が貰えます。(1ポイント=1円で現金化)
24時間サポートだから初めてでも安心。問い合わせは、電話・メールは勿論ですがLINEもOK。満足度の高さはFX口座数 国内第1位が証明※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ
誰が使っても満足度が高い!詳しい説明
DMM FX

GMOクリック証券
スプレッド、スワップ、取引ツールなど全てにおいて完成度が高いFX会社。スマホアプリが使いやすいので、外出先でも安心です。
6年連続で世界第一の取引高が利用者の満足度を証明しています。※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2017年12月)
FXといえばココが鉄板!詳しい説明
GMOクリック証券
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク