驚くほど簡単!トレンドラインを引けば売買のタイミングが見えてくる

FXで利益が伸びない時は、トレンドが上手に掴めていない可能性があります。
こういった時は、チャートをもう一度シッカリと見直してみましょう。

通貨の値動きは、今までは上昇一辺倒だったものが急に売りが続いて下落したり、反対に下降していたものが突然上昇するといった事が起きます。

こういったトレンドの変化をシッカリとキャッチできれば成績が向上する事は言うまでもありません。

相場の変化はいつまで続くかわかりにくいものですが、トレンド分析をすることによってある程度の予測することは可能です。

今回はトレンドを掴むために、重要なトレンドラインについて紹介します。

トレンドラインを引いて、市場の流れを掴もう

為替トレンドを掴めると「売買のタイミング」を知ることが出来るので、勝率が大幅に上がります。

これは、トレンドラインという線を引くことで驚くほど明確になるので積極的にチャレンジしてください。

トレンドラインと聞くと難しそうな気がしますが、実際に作業してみると驚くほど簡単!
慣れたら1分も掛かりません。

例えば「ユーロ/ドル」にトレントラインを引いたのが以下になります。

下落トレンドの時は、過去の高値と高値を線で結んで線を引きます。
これをレジスタンスライン(上値抵抗線)と呼びます。

反対に上昇トレンドの時は、安値と安値を結んで線を引きます。
こちらはサポートライン(下値支持線)と呼ばれています。

この線を見ていくと 上値や下値のヒント になるので、売買タイミングを知る手掛かりになります。

また、下落トレンドの時にレジスタンスライン(上値抵抗線)を明確に上抜けた時は、上昇トレンドに流れが変わった可能性があり「買い」サインとなります。

反対にサポートライン(下値支持線)を下抜けすれば、トレンドが下向きに変化した可能性が高いので「売り」サインと考える事ができます。

このように、一本の線を引くだけで「買い」や「売り」の切り替えタイミングを掴むことができるのです。

トレンドラインを引くときは、細かい事は考えない

今回はトレンドラインについて紹介しました。

漠然とチャートを眺めているよりも、一本のラインを引くだけで格段にトレードの質が高くなるので、積極的にチャレンジしてみくだくさい

尚、トレンドラインを引くときに、「間違っているかも・・」と慎重になりすぎる人がいるのですが、この線は多少の誤差は気にしなくて大丈夫です。

高値同士・安値同士を思い切って大胆に繋げるのがコツです。
線を引かない事には分析が始まりませんので、「エイッ、ヤー」でを引いてみてください。

トレンドが変化するタイミング
レジスタンスライン(上値抵抗線)を上抜けた時は「買い」サイン
サポートライン(下値支持線)を下抜けた時は「売り」サイン

【お勉強】FXの基本をマスター

FX取引ではテクニカル分析をすれば、勝率は格段にアップするのですが、ほとんどの人が実践していません。

分析は面倒なイメージがあるので、後回しにしてしまっている人が多い印象です(慣れたら簡単ですよ)。

もしも、今からテクニカル分析を勉強してみたいと思う人がいれば、外為オンラインの無料セミナーがオススメです。

例えば、今回のトレンドラインについては『FX投資戦略セミナー』で詳しく説明があります。

このセミナーは初心者向けになっているので、本当の基礎事項から教えてくれます。
興味がある人は参加してみてください(無料です)。

ちなみに、セミナーに参加したからといって押し売り等はありませんので安心してください。

FXの初心者から評判が良い会社
外為オンライン
FXの基本を教えてくれるセミナーが毎月開催されています(無料)。
セミナーの開催数では他社を圧倒!私も最初はここから開始しました。
外為オンライン 公式ページFXプライムbyGMO
オンラインセミナーが多いので、忙しい人でも好きな時に勉強できます。
未来の値動きをワンタッチで予想する“ぱっと見テクニカル”が大人気。
FXプライムbyGMO 公式ページ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク